D-Studio|株式会社夢テクノロジーは、未来を育むITエンジニアの育成と教育に取り組んでいます。

D-Studioマガジン

D-Studioマガジンは、ゲーム/VR/AR/CG業界での活躍を目指すキャリア支援応援メディアです。

【業界動向・2017年秋冬】楽天コミュニケーションズはゲーム業界にも楽天クラウドIaaSをアピール

東京ゲームショウでの展示の様子

電気通信事業で培った高品質なサポートで世界企業にも負けないサービスを

電気通信事業者である楽天コミュニケーションズは、ゲーム業界にも同社クラウドサービスである楽天クラウドIaaSをアピールしている。9月下旬に開催された東京ゲームショウにも出展した。

同社としての東京ゲームショウ出展は今回が3度目。これまでの出展でも楽天クラウドIaaSなどをPRしてきたという。

同社システムソリューションビジネス部の石川幸男氏は、楽天クラウドIaaSの特徴を一言で表現すれば「スルメ」と説明した。「噛めば噛むほど味が出るサービス」ということだ。さらに尋ねると、電話サービスの経験を生かしたクラウドサービスと説明してくれた。

電話サービスなど電気通信事業は総務省による認可事業だ。総務省は通信事業の安定を目的にサービスの質について基準を設けている。また、一定規模を上回るサービスの停止や品質の低下といった「事故」が発生すれば「速やかな状況報告」と「30日以内の詳細報告」を義務づけている。

つまり電気通信事業者は、それだけ緊張感をもって事業を推進せねばならないことになる。石川氏は、電気通信事業者として培ってきたノウハウが楽天クラウドIaaSの安定した作動に結びついていると説明した。

仮に顧客が楽天クラウドIaaSの利用に際してトラブルを発生させてしまった際も、楽天コミュニケーションズ側に要望すれば、同社の営業や技術部門の関係者が一体となって対処方法を提案してくれるなど、きめ細かいサービスを提供している。楽天クラウドIaaSはサポート体制が充実していることなどで、特に中堅のゲーム会社にとって使い勝手のよいサービスを実現しているというわけだ。

アマゾンやアリババなどクラウドサービスを提供する世界的な大企業も珍しくはない。一方、楽天クラウドIaaSは世界的規模ではないものの、日本国内向けの質の高いサービスに強みがある。したがって、楽天コミュニケーションズは楽天クラウドIaaSを日本企業だけでなく、日本市場に進出する外国のゲーム会社にも売り込んでいきたいと考えている。

会社情報

楽天コミュニケーションズ
電気通信事業者。電話サービス(IP電話、中継電話等)、 MVNO、さらにインターネット接続サービスも行っている。 日商エレクトロニクスと古河電気工業が中心となり、2000年 にフュージョン・コミュニケーションズとして設立。東京電力、 丸紅など出資会社は変遷があったが、現在は楽天の100%子会社。 2015年にフュージョン・コミュニケーションズから現社名に変更。

【業界動向・2017年秋冬】中国製ゲームの日本進出急増で自社も急成長の予感=訳坊
海外ゲームをローカライズ、ファンを想って細かい作業も入念に=オーイズミ・アミュージオ(旧:インターグ...

Related Posts




お問い合わせ:03-6859-5710
受付時間:月曜日-金曜日 10:00-18:00(土日祝休み)

Copyright © 2019 YUME TECHNOLOGY CO.,LTD. All rights reserved.